猫砂が原因でトイレ詰まりが起きたらどうしたらいいの?

猫砂が原因でトイレ詰まりが起きたら塩かワイヤーを使って解決しましょう

猫砂を大量に流すとトイレ詰まりが起こります

猫のトイレ用の砂、いわゆる猫砂の中には、トイレに流せるものがあります。
確かに、トイレに流せる猫砂は流しても詰まらないように設計されていますが、この猫砂を調子にのってどんどん流していくと、すぐにトイレが詰まります。

これは、その猫砂が不良品なのでなく、トイレが流せる許容量をオーバーしているからです。
もともとトイレの排水管は、水と排泄物、トイレットペーパー以外が流れるようには出来ていないので、
猫砂を大量に流すと、トイレが詰まってしまうのです。

では、トイレ詰まりを起こさずに猫砂を流すにはどうすればいいか、この答えは1つしかありません。
それはいっぺんに猫砂を流さないことです。
猫砂を少しだけトイレに入れて、水を流し、またしばらくしたら猫砂を少し入れて流す、これを繰り返すしかありません。
この方法だと少しずつしか猫砂を流すことが出来ませんが、もともとトイレの排水管は猫砂用ではないので、それはやむを得ないです。
これが面倒なら、無理に猫砂をトイレに流さず、別の方法で処分したほうがいいでしょう。

猫砂でトイレが詰まった場合ワイヤーか食塩水を使えば詰まりがとれます

猫砂の流しすぎでトイレが詰まった場合、掃除用のワイヤーを使って排水管の中にある猫砂をいじることで、詰まりを取ることができます。
完全に取れなくても、ワイヤーで排水管内部の砂をかき混ぜることで、部分的に水が流れるようになりますので、トイレ用のワイヤーがあるなら、これを使ってみるのが一番いいです。

もし家にワイヤーがないなら、食塩水を使うという手もあります。
塩の入った水を使うと、固まっていた猫砂がほぐれやすくなるので、水で流すことができるようになります。
仮に、食塩水だけで詰まりを取ることができなくても、塩を入れれば猫砂が柔らかくなることは間違いないので、そこでワイヤーなどを使えば詰まりを取ることができます。

ですので、猫砂が原因でトイレ詰まりを起こしたら、塩水かワイヤーを使って解決することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加