ラバーカップがない時のトイレ詰まりの解消法は?

ラバーカップがない場合でも、トイレ詰まりはこうして解消できる

自宅のトイレが詰まってしまった時には便器の中の詰まりを引き出す用具、ラバーカップを使用するのが一般的な対処法です。しかし、自宅にラバーカップがないときには、どのように対処すれば良いのでしょうか。

溶かして流すタイプの洗浄剤を使用

トイレが急に詰まってしまい、ラバーカップをどうしても用意できないときには、パイプユニッシュなどの溶かして流すタイプの排水口クリーナーが自宅にある場合はそれを使用します。トイレ以外にも洗面所や風呂場などさまざまな場所で活躍してくれる薬品であるので、ひとつ持っておくと非常に便利です。

トイレの排水口に薬品を流し入れ、しばらく放置し、その後にゆっくりと水を流して詰まりが解消されているか確認しましょう。

お湯・お酢・重曹は詰まりの解消に役立つ

ラバーカップも排水口クリーナーもない場合でも、トイレ詰まりを解消させることはできます。お湯やお酢重曹といったものでしっかりと代用できます。

まず重曹を便器の中に入れ、その後にお酢を入れます。お酢と重曹が混ざり合うと泡立ち、相乗効果で高い洗浄力を得ることができるのです。そしてお湯を最後にゆっくりと流し入れます。この時、熱湯など温度の高すぎるお湯を使用すると危険なので、お湯の温度には注意が必要です。紙詰まりなどが原因である場合はこちらの方法で簡単に解消させることができます。

ワイヤーやハンガーで用具を作る

トイレの排水口の奥の方に詰まりが起こっている時にも、ハンガーやワイヤーを使用した自作の用具は役立ってくれます。

伸ばしたワイヤーやハンガーの先端を丸めて掃除用具を作れば、ラバーカップがなくてもトイレ詰まりを自分で解消させることができます。

この方法を用いる場合は、詰まりの原因となっているものをさらに奥深くに押し込んでしまわないように注意をしながら作業を進めなければいけません。慎重に作業を行い、異物感があればゆっくりと引き出すように動かしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加